Uncategorized

880 489 Shinichi Yamagata

英語研修にお困りの方必見、いまこそハイブリッド型研修に切り替えませんか?

英語の集合研修が開催できずに困っていませんか?

新型コロナウイルス対策で、予定されていた新入社員研修、英語の集合研修などを開催することができずに、困っている方も多いと思います。
打ち合わせや会議も、商談も、入社面接も、オンラインで行う企業が増えてきています。

Web会議システム、クラウドによるデータ共有、さらにはクラウドによる業務フロー管理など、どんどんと新サービスを取り入れて進めているけど、システムの設定を行わなければならなかったりコストもかかり大変。
こんな方もたくさんいらっしゃると思います。

では英語研修についてはどうでしょうか?
正直、業務フローの調整や実務にかかわる研修をどうするのかですら大変なのに、英語にまで手が回らないという方もいらっしゃると思います。

「EnglishCentral × CTS」で提供をするハイブリッド型研修であれば、登録に必要な最低限の情報を送付いただければ、教材、アカウントの設定、管理画面の設定などはすべてお任せ。
あとは、社員の方がPCでサービスサイトにアクセスするだけ、スマホでもアプリをダウンロードするだけで始められちゃうんです!
すべての学習データを一元的に管理できるので、在宅で個々に学習した記録をご担当者が簡単に確認していただけるので、研修の進行や成果もリモートで進めることができます。

本当に一時的な切り替えで大丈夫ですか?

英語研修についても慌ててオンライン英会話などに切り替える例は多いと思いますが、そもそもつなぎとして英語を使う機会をつくればそれで良いのでしょうか?
皆さんもご承知のとおり、英語を習得するためには継続して自身の課題を克服していくことが極めて重要です。

にもかかわらず、急遽オンライン英会話を導入して、その後自宅待機やリモート勤務が終了したら、また元の教材と研修に戻したとして継続的な学習が可能でしょうか?
余程、ご自身でしっかりとした問題意識を持っていないと難しいのではないでしょうか?

「EnglishCentral × CTS」で提供をするハイブリッド型研修であれば、こういったご心配は無用です。
学習者の方の課題や学習状況をきちんと把握した上で、オンライン学習と対面研修の両方を適切な時期に適切な教材で受講することができます。
これによって、今回の新型コロナ感染対策のような急な自宅待機、急な海外転勤や出張が決まった社員への対応など、さまざまなシチュエーションに柔軟に対応することができるようになります。

オンラインの特徴と対面研修の利点を融合したシームレスな英語研修

では、改めてハイブリッド型研修の利点を整理しておきましょう。
EnglishCentralで行ったオンライン学習のデータは、すべて受講者のアカウントに記録・蓄積されており、これらのデータが対面研修のプログラムや指導に活かされます。
具体的には、ある学習者がどの程度の語彙力を持っているのか、どこに発音の課題があるのか、英語を話すときにどのような文法ミスを犯しやすいのかといった課題が連携をされているため、対面での研修のプログラムや指導方法にきちんと反映されることになります。

逆に対面研修で浮き彫りとなった課題に応じて、オンラインでの学習教材や方法に対しても適切なアドバイスを送ることもできます。
また、オンライン学習で陥りがちな挫折を、コーチングなどのヒューマンサポートでカバーするとことも可能です。

大変な時期だからこそ、思い切った改革に取り組んでみませんか?

最後に、上記のような研修体系を組む最大のメリットが1つあります。
それは自己啓発による英語学習、講師派遣型の集合研修、通学型の英語研修など、ばらばらに受講管理されていた各種プログラムを一元化して管理できるということです。
これまでは、「営業部の●●さんの英語力ってどれくらいだっけ?」「今度海外事業部に異動になる▲▲さん、TOEIC850点って言っても、実践で話せるんだっけ?」「人事部の××さんは具体的に何を強化すれば、もっと流ちょうに話せるようになるの?」といったときに、体系的で適切なデータがあったでしょうか?

「EnglishCentral × CTS」で提供をするハイブリッド型研修では、今後こうしたデータ連携も充実させていく予定です。
2020年4月に正式にパートナー契約を締結したEnglishCentralとCTSは、今後ますますサービスの充実を図ってまいります。是非お問い合わせください。

EnglishCentralセールス・マーケティング部
※両社提携のプレスリリースはこちらをご参照ください

1024 634 Shinichi Yamagata

新しくなったEnglishCentralでより自分にあった学習プランを立てましょう!

みなさんこんにちは。EnglishCentralサポートチームです。
EnglishCentralのウェブサイトデザインが新しくなり、皆さんの英語学習に新たな機能が追加されました。

まずは何が大きく変わったのかを確認しましょう!

1. 毎日の学習目標を立てて、その進捗状況を確認できるようになりました

2. レベルアップに向けてののロードマップと進捗状況が表示されるようになりました

3. MyFeed機能が追加され、次の学習教材の選択が簡単に行えるようになりました

では、実際にどのように学習を進めていくのかをStepごとに見ていきましょう!


ECリンク

おすすめの学習方法

Step 1. 自分の英語力に合ったレベルを選択しましょう


EnglishCentralでは、7段階のレベルで動画教材を学ぶことができます。
画面右上のアイコンから「レベル」を選択肢て、テストのスコアなどを参考に設定をしてみましょう。

各レベルには、そのレベルで達成したい目標のほか、TOEICやTOEFLの参考スコアも掲載されているので参考にしてみてください。
※一度設定したレベルが合わない場合は、いつでも変更をすることが可能です。

Step 2. 毎日の学習目標を設定しましょう


画面右上の「My English」をクリックします。画面右側に学習状況が表示されるので、グラフの上野「毎日の目標」をクリックして学習目標を選択しましょう。

学習目標は5段階にわかれています。
毎日の継続が大切なので、無理のない範囲で学習目標を決めましょう。
※一度設定した学習目標は、いつでも変更可能です。ポイントの獲得は以下のとおりです。

Step 3. 毎日の目標を達成できているか確認しましょう


毎日の学習状況は、上記の画面で確認できます。
グラフで過去1週間の達成状況も確認することができます。
1週間連続で目標を達成すると、600ポイントを獲得できるので、毎日こつこつとがんばりましょう!

Step 4. 次のレベルへのロードマップと進捗状況を確認しましょう


学習状況のタブを「全体の完了率」に切り替えると、次のレベルに進むまでどれくらいの学習が必要であるのかを確認することができます。

次のレベルに進む目安は、学習で獲得した「ポイント」とマスターした「単語の数」で示されます。
また、現在の自分のレベルをクリックすると、目指すべきゴール(英語を使って何ができるようになるべきか)を確認できるほか、全7レベルの全体図も確認をすることができます。

Step 5. 動画学習だけでなく、目的別単語リストからの学習もスムーズに

英語を話せるようになるための秘訣の1つとして、単語を覚えて聞く、話す、書くなど実際に使えるようにすることが挙げられます。
新しくなったEnglishCentralでは、単語をさまざまなシーンで使えるようにトレーニングを行う「ボキャブラリービルダー」を単語学習の中に組み込み、従来の4択クイズだけでなくディクテーションやスピーキングで単語を学べるようになりました。

具体的な使い方をご説明します

動画で学んだ単語は、単語帳に登録されます。
ページ上部のメニューの「単語」を選び、「単語を見る」というタブをクリックすると単語帳が表示されます。
あらかじめ選ばれているリストは、レベルアップのために必要な単語リスト(Core Vocab Level数というリスト)です。
こちらは、レベルアップに必要な単語を漏れなく学習できるという利点がありますが、動画で学んだ単語を学習するにはリストの切り替えを行い「マイ単語」を選択してください。
「クイズ開始」のボタンを押して学習を行いましょう。
お気に入り登録や、すでに知っている単語を「既知単語」として登録もできます。

クイズでは流れた動画の文章をリスニングして単語の意味を4択で回答する「form-recall式」のものと、文章空欄に充てはまる意味の単語を思い出して回答する「form recall式」の2種類の形式で出題されます。「form recall式」のクイズの回答は、タイピングによる穴埋めでも、音声認識によるスピーキングでも行うことができます。
これらをうまく活用して、さまざまなシチュエーションで単語を活用できるようにトレーニングをしてみましょう。

一方で、「TOEIC対策を行いたい」、「留学を目指している」など目的別に学習をされたい方もいらっしゃると思います。
その場合は、タブの「単語クイズ」を選択しましょう。「add list」をクリックすると、それぞれの単語リストが表示されるので追加を行いましょう。

目的別単語リストは「NGSL Vocab(基礎単語)」の上に「Academi Vocab(アカデミック単語」「TOEIC® Vocab(TOEIC®単語)」があり、下図のような構成となっています。
きちんとマスターをすると、各目的に必要な単語の90%以上をカバーできるので取り組んでみましょう。

Step 6. MyFeed機能を学習の道しるべとして活用しましょう


「My English」のページ内に「My Feed」という機能が加わりました。
ここでは、①まだ学習が完了していない動画、②現在設定されているレベルから選ばれたあなたの興味関心と合致するおすすめ動画、③レベルアップのために必要な単語を学ぶことができる「ボキャブビルダー」などを一覧で見ることができます。
この機能をうまく活用して、毎日こつこつと動画で学習をしていき、レベルアップを目指していきましょう。


ECリンク

Happy Learning!
EnglishCentral一同

1024 683 Shinichi Yamagata

オンラインスクール「MANABIYA」2020年3月4日開校

学校は休みでも学べる場所がある

EnglishCentralがオンラインスクール「MANABIYA」を開校。
オンライン英語学習サービスのEnglishCentalがなぜ?という疑問をお持ちになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新型コロナウィルス感染防止に伴う休校措置という前例のない状況の中、英語を学びたいお子さまの英語への関心や学びへの意欲を支えたい一心で立ち上げました。

プレスリリースはこちら

今回は緊急対応ですが、「いつでも、どこでも、学びたいときに学べる機会を」というコンセプトは、いつもEnglishCentralのスタッフの心の中にありました。
興味を持ったテーマで始めることができる学習スタイル、世界とつながることができる14,000本以上の学習動画、自分で繰り返し工夫しながら身につけていく使える英語。
ピンチをチャンスに変えて、より深い学び体験してもらえる良い機会ではないかと考えています。

まだまだこれから整備していかなければならないことも多いですが、是非みなさまのご参加をお待ちしております。

Happy Learning!
EnglishCentralスタッフ一同

募集要項

学校名

EnglishCentralオンラインスクール「MANABIYA」

提供対象

英語の家庭学習に興味関心をお持ちの小学生・中学生・高校生

無償提供期間

2020年5月6日まで(※現在、休校解除後にも英語学習でご利用いただけるプログラムを検討中です)

募集人数

制限なし

学習カリキュラム

■ 提供プラン

EnglishCentralアカデミックプレミアム(動画学習無制限)

■ 学習教材

EnglishCentral内の学校向け動画約3,000本の中から厳選

※その他、英語レベルや興味のあるテーマ(スポーツ、旅行、映画、料理など)に沿って学習できる14,000本以上の動画で学習可能

■ サポート体制

お子さまの習熟度やご興味に沿った動画教材を提供

週1回の学習進捗レポートの送付

動画配信による学習モチベーションアップ

※教員資格を持つスタッフが責任をもってサポートいたします。

お申込み方法

お申込みフォームにお進みいただき必要事項をご記入ください。

EnglishCentral
利用方法説明
ページ

■ 利用マニュアル
http://ecj.me/mxqpmQ

■ 紹介動画
https://youtu.be/Xygil-Kpwu

ご利用環境

【PCでご利用の場合】
https://ja.englishcentral.com/

■ OS:Windows: Windows 7 以上 / MacOS 10.10 以上

■ ブラウザ:Chrome58 以上 / Firefox52 以上 : 設定・追加インストールなしでご利用頂けます。Edge38 以上 : 内蔵されているAdobe Flash Playerを有効にする必要があります。Internet Explorer 11 以上 / Safari 9.1 以上 : Adobe Flash Player のインストールが必要です

【スマートフォン・タブレットでご利用の場合】

iPhone版

https://itunes.apple.com/jp/app/english-central/id927987414

Android版

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.englishcentral.android.app&hl=ja

■ OS:Android v4.1 以上 / iOS 9.0 以上

通信量
通信環境

※ 最低 1Mb/s のインターネット接続速度をおすすめしています。

※ 各学習動画は動画視聴時に端末にダウンロード、再利用されます。動画一本あたりのサイズは約4MBです。




MANABIYAで使用する教材について

◆EnglishCentralのサイトへはこちらからアクセスできます。無料会員でも動画教材をお試しいただけます。
https://ja.englishcentral.com/

◆EnglishCentralの概要動画は、こちらからアクセスしていただけます。


学校導入実績

大学導入実績
200校以上

青山学院大学、関西学院大学、京都大学、京都産業大学、東京工業大学、神戸大学、桜美林大学、獨協大学、昭和女子大学、熊本県立大学、立命館アジア太平洋大学等

小中高での実績も多数

田園調布学園、金蘭千里、須磨学園、同志社、武蔵野大学附属高校、京都府立南陽中学校、鎌倉女子大学中等部、小金井市立前原小学校等

よくあるご質問

FAQをご用意しておりますので、こちらをご確認ください。

お問い合わせ先

ご質問につきましては、以下のお問い合わせフォームよりお願いいたします。
https://ja.englishcentral.com/support/contact-school-support

1024 433 Ryo Yamamoto

2020年子年は一歩先に:最大99%オフの新年キャンペーン

2020年子年は一歩先に:最大99%オフの新年キャンペーン

2019年も残りわずかとなりました。
2020年は子(ねずみ)年でオリンピックイヤーですね。

古来、子年は干支も一周して新しいサイクルが回り始める年と言われています。
これまで英語にチャレンジして挫折してしまっていた人も、2020年こそは1万4000本の生きた英語を学べる動画とオンラインレッスンのEnglishCentralで英語を学びませんか?
早く始めれば、それだけ早く英語も上達します。
いつもよりちょっと早いですが、今年も新年のキャンペーンを展開いたします。


プレミアムリンク


リッチリンク




2020年は2つのプランでダブルにお得

今年のキャンペーンでは、以下の2つのプランを初月キャンペーン価格でご提供します。

動画で楽しく学んでお得なプレミアムプラン

キャンペーン名

■「プレミアム」1ヶ月プランを初月99%オフの33円でご提供

学習内容

■ EnglishCentral プレミアム

世界中から集められた1万4,000本以上の動画で、生きた英語を学習し放題

音声認識技術に基づいたスピーキング練習も無制限

学習ポイントを貯めて(動画5本学習が目安です)受講できる
1回25分のマンツーマンのオンライン英会話レッスン

お申込期間

2019年12月27日(金)~1月13日(月)23:59まで

注意事項

本ページからのお申込みで、月額3,278円のプレミアムプランを
初月99%OFFの33円で受講することができます。

キャンペーン価格適用期間はお申込日から30日間です。

2ヵ月目以降は、月額3,278円で自動更新をされますが、3ヵ月更新プラン8,140円(17%OFF)

毎日話せる1日25分のリッチプラン

キャンペーン名

■「リッチ」1ヶ月プランを初月50%オフの3.300円でご提供

学習内容

■ EnglishCentral リッチ

世界中から集められた1万4,000本以上の動画で、生きた英語を学習し放題

音声認識技術に基づいたスピーキング練習も無制限

1日1回25分、マンツーマンのオンライン英会話レッスンを受講可能

お申込期間

2019年12月27日(金)~1月13日(月)23:59まで

注意事項

本ページからのお申込みで、月額6,600円のリッチプランを
初月50%OFFの3,300円で受講することができます。

キャンペーン価格適用期間はお申込日から30日間です。

2ヵ月目以降は、月額6,600円で自動更新をされますが、3ヵ月更新プラン15,620円(21%OFF)
または1年更新プラン55,440円(30%OFF)をお選び頂けます。

まずは動画でリスニング・ボキャブラリー・スピーキングの学習を中心に行いたい方はプレミアムを、毎日オンライン英会話レッスンを受講したいかたはリッチをお選びください。


プレミアムリンク


リッチリンク



迷っている方は今すぐお試しを

EnglishCentralは、世界中から集めた14,000本以上の動画で、生きた英語を学べる学習プラットフォームです。
仕事や勉強などで以下のような方にこそおすすめです。

お得にご利用を開始できるいまこそ、英語の学習を再開してみませんか?


プレミアムリンク


リッチリンク


880 489 EC Japan

ビジネスパーソン向け EnglishCentralコースカタログ2019

EnglishCentralには、目的別に学習をしていただけるコースが50種類以上登録されています。
各コースは30~50本の動画で構成されており、テーマに沿って体系的に学習をしていただけるようになっています。

以下、EnglishCentralで人気の各コースをご紹介します。
右側の画面をクリックしていただくと、コース内の動画を2本までお試しいただけます。
本ページには掲載されていないコースもまだまだありますので、お問い合わせメニューより弊社スタッフまでお問い合わせください。

ビジネス編

ビジネスキャリア英語 初級
初級 65動画13ユニット

初めてビジネス向けの英語を学習する人が基礎からビジネスに必要な表現を学ぶことができる専用コースです。中学や高校で学んだ内容の復習からスタートして、無理なくビジネス英語に必要な基礎力をつけることができます。
 Olympic
ビジネスキャリア英語 中級
中級 65動画13ユニット

ビジネスキャリア英語 中級は、電話対応、ミーティング、プレゼンテーションなど、ビジネスシーンにおける実践的な英会話を学ぶことができる専用コースです。ビジネスシーン別に必要な実践力を身につけることができます。
 Olympic
ビジネスキャリア英語 上級
上級 65動画13ユニット

ビジネスキャリア英語 上級は、ビジネスの現場で英語を使って幅広くコミュニケーションをとりたい方専用のコースです。生きた動画教材で様々な表現を学ぶことができるので、高いメッセージ発信力を身につけることができます。
 Olympic

IT編

Information Technology
初級 30動画15ユニット

IT分野で専門的に仕事をしており、英語力をアップさせたい方を対象としたコースです。職場での会話やメールでのやり取りといった実務的な内容から、IT関連のニュースなどのエンターテイメントの要素も組み込まれています。
 Olympic
ソフトウェア工学
初級 30動画15ユニット

ソフトウェア開発の分野で専門的に仕事をしており、英語力をアップさせたい方を対象としたコースです。開発、テスティング、UI、モデリングやキャリア選択など教育的なものから楽しみながら学べるものまで幅広く含まれています。
 Olympic
コンピュータ工学
初級 30動画15ユニット

コンピュータ工学の分野で専門的に仕事をしており、英語力をアップさせたい方を対象としたコースです。記数法、周辺機器、ハードウェア、ソフトウェア、OS等の教育的なものから楽しみながら学べるものまで幅広く含まれています。
 Olympic

金融ファイナンス編

ファイナンス英語
中級 19動画5ユニット

ファイナンスや金融システムに関する英語を学びたい方を対象とした専用コースです。通貨や負債といった金融の基本となる概念から、銀行のシステムや金融テクノロジーなどの基本的な表現を身につけることができます。
 Olympic

ものづくり編

エンジニアリング
初級 30動画15ユニット

エンジニアリングの分野で専門的に仕事をしており、英語力をアップさせたい方を対象としたコースです。様々なツールだけでなく、エンジニアとしての発想や転換、そしてキャリアオプションまで幅広く含まれています。
 Olympic

医療編

医療英語
上級 44動画12ユニット

医療現場で英語を使って診察を行い、患者さんとのスムーズなコミュニケーションを目指している方を対象とした専用コースです。困難な病気に直面している人、老人や子どもへの対応など、シチュエーション別の学習も可能です。
 Olympic

接客編

おもてなし英語 -ホテル編
初級 65動画15ユニット

ホテルの予約業務、レセプション、ポーター、くレストランやラウンジでの接客、クレーム対応等々のさまざまなシチュエーションでの会話が学べるコースです。シチュエーション別に、初心者の方でも安心して学べる教材です。
 Olympic
おもてなし英語 -タクシー編
初級 27動画5ユニット

タクシードライバーが、接客で最低限は身につけておくべき英会話表現をシチュエーション別に学べる専用コースです。英語は苦手という方でも、これさえ覚えておけば安心という基本的な表現を学ぶことができます。
 Olympic

コールセンター編

Call Ceneters
初級 30動画15ユニット

コールセンターで仕事をしており、英語力をアップさせたい方を対象とした専用コースです。職場での会話やメールでのやり取りといった実務的な内容から、コールセンター関連のニュースなどの要素も組み込まれています。
 Olympic

発音練習編

苦手な発音トップ10チャレンジ
初級 10動画10ユニット

非ネイティブスピーカーが苦手な発音10種にしぼり、専門家によるアドバイス、動画用例を用いてスピーキングの練習を行うことができるコースです。各ユニット末にあるチャートで自分の上達度を確認することもできます。
 Olympic

単語学習編

基礎単語1
初級 10ユニット

英語圏で頻出の2800語を学べるコースです。3コース28ユニットで構成されており、基礎単語2800語をマスターすれば、新聞、テレビ、雑誌、ラジオ、映画などで使用されている単語の92%をカバーすることができます。
 Olympic
TOEIC単語1
中級 4ユニット

TOEIC®のテキストやリスニング問題で頻出の1200語を学べるコースです。4コース14ユニットで構成されており、基礎単語2800語と合わせて学習をすれば、TOIEC®の試験で使用される単語の99%をカバーすることができます。
 Olympic
ビジネス単語1
中級 4ユニット

一般的なビジネスで頻繁に使われる1700語を学べるコースです。4コース18ユニットで構成されており、基礎単語2800語と合わせて学習をすれば、一般的なビジネスシーンで使用される単語の97%をカバーすることができます。
 Olympic
1024 717 EC Japan

EnglishCentralの利用方法 学習者編

こちらの記事では、EnglishCentalの利用方法をご紹介します。
EnglishCentralでは、世界中から集めた1万4000本以上の生きた動画で、リスニング、単語学習、スピーキング練習を行うことができます。
学んだ動画の内容をもとに、講師とのオンライン英会話レッスンを受講することもできます。
※お選びいただいたプランによっては、オンライン英会話が受講できない場合もございます。

以下のマニュアルまたは動画に従って、実際にEnglishCentralで学習を始めてみましょう。

学習の手引きは、こちらよりダウンロードしていただけます。

GoLiveなし版:URL:http://ecj.me/mxqpmQ

GoLiveあり Skype版:URL:http://ecj.me/zPBmpr

GoLiveあり クラスルームZoom版:URL:http://ecj.me/ecguidezoom

EnglishCentralの学生用チュートリアル動画はこちらからご確認いただけます。(既にアカウントが作成されている学生向け)
EnglishCentral Onboarding Tutorial 2019 Spring

ご参考
◆EnglishCentralの概要動画へは、こちらからアクセスしていただけます

◆FAQについては、こちらをご参照ください。
URL:https://ja.englishcentral.com/help

1009 472 EC Japan

EnglishCentralの利用方法 教師編

こちらの記事では、学校の先生方がEnglishCentralを使う際の利用方法をご紹介します。
EnglishCentralの教師アカウントでは、教師ツールを利用することで、クラスの作成、生徒の登録、課題の設定、学習記録の管理等を簡単に行っていただくことができます。

以下のマニュアルに従って、実際に作成や登録を行ってみましょう。

教師ツールのマニュアルは、こちらよりダウンロードしていただけます。
URL:http://ecj.me/tt2020

ご参考
◆EnglishCentralの概要動画は、こちらからアクセスしていただけます。
教室でEnglishCentralの概要を説明する際などに、ご活用ください。

◆FAQについては、こちらをご参照ください。
https://ja.englishcentral.com/help?sectionId=360000522511

260 146 EC Japan

EnglishCentralの活用方法 【ブラウザ版】

EnglishCentral にはたくさん機能がありますが、通常の 「見る」「学ぶ」「話す」「クイズ」以外にどんな事ができるのか、どのように学習するのがおすすめか、まとめてみました。

#1  動画のすべてのセリフを練習! 

普段の設定では、「主要なセリフを音読」がオンになっています。この設定では、学習者は動画の中から選ばれた主要単語が含まれる5行程度を対象に音読練習をしているはずです。この接テオをオフにすると、動画の中のすべてのセリフを音読練習できるようになります。

focused speak setting

#2.   知らない単語をクリック! 

知らない単語や表現をクリックすると、意味が出るのと同時に単語リストに追加されるので、動画の主要単語に加えて自分だけの苦手単語を学習してゆくことが出来るようになるのです。さらにこれらの単語はマイ単語ページに登録され、いつでも振り返り学習できます。

click on words

#3   エンターキーを活用しよう!

「学ぶ」モードで学習している時には、エンターキーを押すことで自分の答えが正しいのかどうかの確認と次の問題への移動を行えます。

select enter

#4  そのほかのキーワードショートカットも活用しよう!

?アイコンをクリックすると、効率よく操作するためのキーボードショートカットの説明が表示されます。

shortcuts

#5  マイ発音ページを確認しよう!

100行程度録音すると、マイ発音ページの発音診断が作成されます。このページでは、学習者の苦手な発音が赤や黄色で表示されます。 発音記号をクリックすると、その発音を改善するためにおすすめの発音練習コースが表示されます。

pron2

1024 660 EC Japan

グローバル人材の育成を目指す 「ビジネスプレミアム」プランが登場

社員の英語研修でお悩みの企業や組織の人事・研修担当者の皆様に耳寄りな情報です。
EnglishCentralに新たな学習カリキュラム「ビジネスプレミアムプラン」が登場しました。

これまでいくつも英語研修を導入してみたけれど、社員の英語コミュニケーション能力が伸びない。
社員によって英語力や課題もばらばらで、どのようなプログラムを導入して良いかわからない。

以下のようなお悩みはないでしょうか?

1. 学生時代に積み上げた英語を忘れてしまっており、英会話以前に基礎的な学習が必要な社員がいる

2. TOEIC等の点数が高い社員でも、実際の会議の場などになると、なかなか英語を話そうとしない。


3. 英語は話せるのだが、プレゼンテーションやスピーチになると日本語でやる場合と比べて、普段の説得力が発揮されない

このようなお悩みを持った方には、「ビジネスプレミアムプラン」がお勧めです。
ちなみに、これまでEnglishCentralをご利用になった方々の声を集めてみました。

EnglishCentralが「ビジネスプレミアム」をお勧めする理由は以下の3点です。

1.「ビジネスプレミアムプラン」ならば、学習者のレベルに応じて学習が可能
「ビジネスプレミアムプラン」の各レベルの対象者は、以下の通りです。

★初級:中学や高校で学習した基本的な表現を確認することからスタートしたい人。

★中級:これまで培った英語力をベースにビジネスの現場での実践的な会話力を養いたい人

★上級:単に意味が伝わるだけの英語を超えて、現場でリーダーシップを発揮できるような英語力を身につけたい人

※下記の表のように、TOEICスコアなどからレベル別にプラン選択が可能です。

各プランは前半・後半の2つのコースに分かれており、6ヶ月で学習をしていただく内容となっています。

日々の学習内容が明確で、カリキュラムに沿って学習をしていくことで、着実に英語力を身に付けることができる仕組みとなっています。

社内の多様なニーズに応え、なおかつビジネスに必要なスピーキング力を着実に向上させるプログラムとして、自信をもってお勧めします。

2.「ビジネスプレミアムプラン」ならば、実践的かつ効果的な学習が可能

毎日着実に動画を学習していくことで、ビジネスの現場で必要となるボキャブラリー、リスニング力、スピーキング力を養うことができます。

さらにオンライン英会話レッスンGoLive!を効果的に組み合わせていただくことで、より実践的な演習を積んでいただくことができます。

3.「ビジネスプレミアムプラン」ならば、本当に使える英語を学ぶことが可能

世界中から集めた1万4000本を超える動画教材を提供しているEnglishCentralの特性を活かして、動画教材にはできる限り実際に英語圏で生活をしている人が見ている動画を組み込んでいます。

これによって、教材用に作成された動画だけでは経験できない、自然な英語のリズムや発音を無理なく身につけることができます。

いよいよ4月からは新年度がスタートします。
一方で2020年のオリンピックイヤーに向けて、企業のグローバル化はまったなしです。

社員の皆さんの英語力アップに関心のある方は、是非お問い合わせください。

602 395 EC Japan

EnglishCentral内の単語学習コースが一新されました

EnglishCentral内の単語学習コースの内容が大幅に更新され、以下のものが利用できるようになりました。

    • 基礎単語2800:日常会話で頻出する単語を集めたコースです。新聞、雑誌、本、テレビ、映画で使われている単語の92%までをカバーしています。英語教育で古くから「General Service List(GSL)」と呼ばれて利用されている基礎単語リストをベースに、最新のものとしてアップデートされています。
    • アカデミック単語960:学術的なテキストや講義でよく使われる単語を集めたコースです。基礎単語2800と一緒に学んでい頂くことで、英語圏の大学で使われている学術的なテキストの92%までをカバーすることができます。英語教育において、学術的な文章・講義などを理解するために有用とされている「Academic Word List(AWL)」をベースに、最新のものとしてアップデートされています。
    • ビジネス単語1700:一般的なビジネスシーンで不便なくコミュニケーションできることを目指して編集されたコースです。基礎単語2800と一緒に学んでい頂くことで、もっとも一般的なビジネスシーンで必要となる単語の97%までをカバーできる内容となっています。
    • TOEIC単語1200:TOEICの試験の読解やリスニングで頻出する単語を集めたコースです。基礎単語2800と一緒に学んでい頂くことで、TOEIC試験で登場する単語の99%をカバーしています。

    tsl-anim

    基礎単語のコースは、明治学院大学のチャールズ・ブラウン教授、青山学院女子短期大学英語講師のブレント・カリガン博士、同じく青山学院女子短期大学のELTプログラム責任者のジョセフ・フィリップス教授によって開発された新GSL(New General Service List: NGSL)をベースに編集されています。ケンブリッジ大学で開発された2億を超える言語データ(コーパス)に基づくリストを精査して、第二言語として英語を学習する人にとって頻出な基礎言語のみを抽出して構成されています。

    アカデミック単語、ビジネス単語、TOEIC単語のコースについても、それぞれの言語データ(コーパス)に基づいてリストが組み立てられています。

    レベルテスト

    基礎単語とアカデミック単語については、受講者の単語力が現在どのレベルにいるのかを診断するテストを提供しています。この診断は宮崎国際大学のフィル・ベネット(Phil Bennett)と新潟県立大学のティム・ストケル(Tim Stoeckel)が開発したテスト項目に基づいて行われます。大学での検証結果では、90%を超える高い確率で適切なレベルの判定ができるという結果も出ています。

    我々がEnglishCentral内で行っているテストは140問で構成されており、基礎単語をレベル別に5段階に分けて各50単語、アカデミック単語をレベル別に2段階に分けて各50単語の計140単語を抽出して行います。テストは英語版のほか、日本語、トルコ語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語に対応しています。

    テストの結果から受講生の現在の実力を診断を行い、14段階に分かれたレベルの中から適切な学習開始地点を提案します。

    vocal level image

    コース学習

    基礎単語についての生徒間の知識のギャップを測るうえで、基礎単語コースのすべてのユニットのすべての単語を完了させることをお勧めしています。

    各コースは20問のクイズ動画で構成されており、各動画は3分程度で完了します。1週間に1ユニット、100単語、15分の学習をお勧めしています。

    Core vocab

    マイ単語

    コースで学んだ動画は、クイズの正誤にかかわらず、すべてマイ単語に登録され、そこでインターバル学習を行うことができます。学習を行うインターバルは、1日、3日、10日、30日で設定されています。

    interval learning

    マイ単語では自動的に学習インターバルを計算して、「クイズできる単語」として順番に表示させる仕組みになっています。

    My words quiz

    また、クイズで間違えた単語を別に表示することもできるので、集中的に学習することも可能です。

    missed

    あるいは、自身でお気に入りの単語を登録することもですます。

    favorite

    単語のマスター

    大学における1年間のプログラム(28週間に相当)では、1週間に100単語をマスターすることで基礎単語2800語を1年間でカバーできることになります。基礎単語のレベル3からスタートした学生も、アカデミック単語の980語とTOEIC単語の1200語を28週間のプログラムで十分に完了できる計算となります。

    またマイ単語のインターバル学習(最大30日間のインターバル)で、5回クイズに正解をするとその単語をマスターしたことが認められ、上記の1年間の学習でかなり数の単語をマスターすることが期待できます。