メディア掲載

610 407 Shinichi Yamagata

中村学園三陽中高がオンライン取材を受け、ニュースで取り上げられました

みなさん、こんにちは。
EnglishCentalサポートチームです。
いよいよ新年度が始まりましたね。
今年度からEnglishCentralを初めて導入したという学校もあるでしょうか。

さて、今回のテーマは「オンライン取材」です。
初めて聞いたよという方もいらっしゃると思います。
簡単に言うと、新聞・雑誌・テレビ・ネットなどのメディアに学校の取り組みを、オンラインで取材をしてもらって、記事を掲載してもらうことです。

今回は2021年3月に全私学新聞という教育系メディアの取材をオンラインで実施した中村学園三陽中学校・高等学校についてご紹介をしたいと思います。

学校の取り組みを取材してもらうメリット

学校の取り組みを取材してもらうことのメリットは、どこにあるのでしょうか。
大きく分けて、以下の3つが考えられます。

何よりも、生徒募集これが一番ですね。
従来から英語教育やプログラミングなどは、学校の特色を打ち出す上で非常に有効なテーマでしたが、特にコロナ禍の中でオンラインでの学習補助はご家庭の最大の関心となっています。

こういった内容でメディアに取り上げられることで、実際に多くの人が記事や番組を見るという波及効果だけでなく、第三者が客観的に伝えることによって信頼性の高い情報発信となることが期待されます。
特にオンラインメディアなどの場合は、学校HPからリンクを貼ったり、SNSで拡散をしたりもできますし、長く記事が残るので受験生が学校名で検索したときの補足情報となることも期待できますね。

謎のやる気スイッチはちょっと言い過ぎかもしれませんが、取材が入ると何となく教室のテンションは上がります。
また、次のご家庭への影響については、最近様々なオンラインツールで学校での様子をご父兄に伝える試みが増えてはいますが、やはりメディアを通じて客観的に報道されることは、学校とご家庭の良好なコミュニケーションを促進するうえでプラスとなることが期待できます。また、この「客観的」という点が非常に重要で、最後のポイントに記載したように、自校の取り組みが第3者の視点で評価されることも大きなメリットであると思います。

オンライン取材のメリット

従来、学校への取材と言えば、実際に教室で学習しているところを見学してもらうのが定番でした。
もちろん、やっぱり直接来校してもらって、現場の空気を実際に体験してもらいたい。
その気持ちはもちろんよくわかりますが、むしろコロナ禍の時代だからこそ、オンラインメリットを活かすことも可能なのです。
代表的なメリットは以下のとおりです。

最大のメリットはオンラインにより、取材にかかる距離と時間の制約を超えることができる点です。
今回取材していただいた中村学園三陽中学校・高等学校も福岡県にあるため、在京メディアに取材をしてもらうとなるとハードルが高くなりますが、オンライン取材であればまったく問題がなくなります。
取材を行う記者は、直前まで打ち合わせや原稿執筆を行い、時間になったら会社のデスクにいながら取材活動を行うことができます。

オンライン教材ならではのメリットとしては、記者にもパソコンなどから教材にアクセスをしてもらい、生徒と同じ課題に同時に取り組んでもらったり、あるいは画面共有などの方法により実際に体験をしてもらいやすいという点が挙げられます。
もちろん教材だけではなく、プレゼン資料なども簡単に共有できるので有効に活用できると便利です。

最後にこれは広報の裏事情ですが、取材がすべてオンラインで完結しているため、フォローアップが非常に楽になりました。
今までは取材を行う記者の横につき、インタビュー内容を一生懸命メモしながら、取材対応者のフォローをするという、かなり忙しい工程を踏む必要がありましたが、この作業はとても楽になりました。

取材設定から終了までのステップ

準備過程はオンラインでも現地取材でも大きな違いはありません。
ただし、いくつかオンラインならではの、気をつけなければならないこともあるので見ていきましょう。

授業風景を取材して頂くときにもっとも重要なのは、教室で先生以外の誰かにお手伝いをしていただき、カメラ中継を上手くやって頂くことです。
オンラインでは記者さんが自由に歩けない分、事前の段取りやとっさのリクエスト対応は極めて重要ですし、カメラ担当者または広報担当者の解説も重要となります。
ちなみに、中村学園三陽ではなんと校長先生自らが、iPadを手にして実況中継をしてくださいました。

もう1点注意をしなければならないのは、記事を構成する上で必要な写真や動画などを提供しなければならないことです。
ただ多くの学校で、生徒募集用のパンフレットやHP作成上、色々な素材を確保していると思いますので、それらを有効に活用すると良いと思います。

オンライン取材の様子

中村学園三陽中学校高校は、福岡県福岡市にある私立中高一貫の男子校です。
全校生徒は約470名で、近年IC教材の採用を積極的に行っており、特に英語の4技能教育についても力を入れています。

EnglishCentralは2020年度から利用を開始しており、中学校では毎日5~6名ずつ”チャレンジ・イングリッシュ” という英語4技能強化の時間を活用して、高校では月に1回授業時間を利用して、1回25分のオンライン英会話レッスンを1人1台のiPadで受講しています。

この他にも、中学では教科書として利用している三省堂New Crownの学習コースを中心に、高校では1万5000本以上の動画から選んで、EnglishCentralの動画学習システムで4技能の強化を行っています。

今回の取材では高校1年生のオンライン英会話GoLive!の授業にカメラがお邪魔して、レッスン受講風景を取材して頂きました。
まずは授業前に、2名の生徒さんに協力していただき、オンラインインタビューです。
二人(N君、M君)ともに、はきはきと質問に応えて頂き、街で道に迷っている外国人を案内したエピソードなどをたくさん話してくれました。

この間、教室では残りの生徒が待機しており、時間が来たところでオンライン英会話GoLive!の開始です。
開始と同時に教室中から「Hello!」と始まり、あっという間に全員iPadに集中。
みんな真剣に話している姿や生徒iPadの手元画面を、校長先生が映して中継をしてくれます。
今回のレッスンは今年度の最終回ということで、フリートークでのレッスンでしたが、全員で事前に同じ動画を学習した上で受講するレッスンも行っています。

最後に校長室へと移動して、EnglishCentralの導入した背景や中村学園三陽での英語学習の取り組みについて30分ほど、記者さんのご質問に応える形でお話をいただきました。
こちらの詳しい内容につきましては、中村学園三陽中学校・高等学校の事例紹介という形で、またの機会にご紹介できればと思います。

最後に今回のオンライン取材について、梶原校長先生のコメントをいただきましたのでご紹介します。

<梶原校長先生のコメント>
今回のオンライン取材を通じてEnglishCentralを活用した本校の取り組みが、これまでの英語教育とは一線を画す、とても魅力的なアクティビティーになっていることをしっかり認識することができました。インタビューを通じて、記者の視点で屈託のない本校の英語教育の評価をしていただけたことは、我々にとって新たな発見と今後の自信につながりました。

お問い合わせはこちら

オンライン取材にご関心のある方は、下記までお問い合わせください。
中村学園三陽中学校・高等学校の活用事例もご紹介可能です。
sales-ja@englishcentral.com