All

640 427 Shinichi Yamagata

リモートワーク下での在宅英語研修を成功に導く新プランが登場しました


リモートワーク下での英語研修のお悩みは?

コロナ禍ですっかり定着した感のあるリモートワークですが、皆さんの企業ではどのように英語研修を進めていらっしゃるでしょうか。

以前のような、英会話学校等からの講師派遣による対面研修は相変わらず難しそうです。
一方で、これを機にオンラインに切り替えられた企業もたくさんあると思います。
2年目に入り進捗や成果はいかがでしょうか。

ここで人事研修担当者の方たちの代表的な意見に基づいて、対面研修とオンライン研修の強みと弱みを整理してみました。

大まかに整理すると、オンラインの強みは対面の弱みであり、逆にオンラインの弱みは対面の強みであることがわかります。
オンラインの観点から見ると、学習時間の確保や費用面ではアドバンテージがあるものの、学習へのコミットメントを自分で行わなければならないことや学習方法などに困ったときの相談先という点で課題があることになります。

資料請求をする

EnglishCentral新サービス 任せて安心「個別カウンセリング」

オンラインでの悩みは、まさにリモートワーク下で人事の方やマネジメントの方が頭を悩ませている、どうやって従業員の仕事や組織に対するモチベーションやコミットメントを維持するのかという点とも重なります。

特に英語学習は学習開始時までの蓄積やレベルにもよりますが、日本人が英語を習得できるまでに1,000時間から3,000時間は必要とされています。
しかもEmailのやりとり、ビジネス文書の解読や作成、ミーティングやプレゼンテーションを必要とするビジネス英語では、日本人が苦手なリスニング・スピーキングについてもバランスよく取り組んでいく必要があります。
従って長期間にわたる学習で高いモチベーションを維持して、コミットメントを継続していくためには、やはり何らかの外部からの手助けが必要となります。

そこでEnglishCentralに新たに登場したのが、学習期間中に毎月1回20分マンツーマンで英語学習の相談を行うことができる「個別カウンセリング」のサービスです。
英語学習の習慣化についての日本人のプロコーチが、普段のE-learningの学習記録データやオンライン英会話レッスンGoLive!の記録を分析して、的確なアドバイスをおくります。

皆さんも勉強方法の質問や悩みくらいは日本語でしたいですよね?
実際に日本人だからこそ回答できることもあるのです。では、次のセクションでは実際にどんな指導を受けることができるのか、ちょっと覗いてみましょう。

資料請求をする

コーチは実際にどんな指導をしてくれるの?

コーチに対するご相談で一番多いのは、学習方法についてのご相談です。
これは毎日着実に動画学習をこなして定期的にオンライン英会話GoLive!を受講されている、一見すると順調に学習を進められているように見られる方からもよく寄せられる質問です。

学習量としては順調にこなしていても、本当にこれで自分の弱点や課題が克服できるのか、もっと効果的かつ効率的な学習方法があるのではないか。
学習者の多くは自分の学習の進め方に不安を感じているケースが多いです。

もう一方の代表的な質問は、英語学習に対するモチベーションの維持、学習時間を確保する方法や、オンライン英会話を受講する際の心構えといった、英語学習そのものではないが、社会人が英語学習を継続していくうえで重要なポイントについてよくご相談を受けます。
仕事が忙しい中でどのように学習時間を確保したら良いか、学校のようにアドバイスをしてくれる人がいないため不安になる方は多いのです。

前者の質問と後者の質問は、一見すると別のもののように思えるかもしれませんが、実はきわめて連動しています。

例えば、下記のような形での負のスパイラルへと陥る危険性があるからです。

英語学習の方法がわからない >> 英語学習のモチベーションが下がる > >英語学習の時間が減る > >英語力が伸びない >> 英語学習がますます嫌になる、どうしたら良いかわからなくなる

逆にここでコーチのサポートが入ることで、以下のようなポジティブな循環を作り出すことも可能なのです。

英語学習の方法がわからない >> カウンセリングで英語学習の目標設定や学習方法がクリアになる >> スキマ時間をみつけてポジティブに学習できる >> オンライン英会話等で英語力の向上が感じられる >> 英語学習が楽しくなり、次の目標を自分で積極的に設定できるようになる

こうした質問に答えるだけでなく、コーチは毎月のカウンセリングで次回までの具体的な学習目標やそれに向けての学習手順をアドバイスして、カウンセリングレポートの形にまとめて
くれます。

学習者はレポートの指示に従い、次回のカウンセリングまで1ヶ月間目標を見失わずに学習を行うことができます。
次回のカウンセリングでは、再び1ヶ月間の学習を振り返り、再度次の目標を設定して学習を継続していきます。
蓄積されるカウンセリングレポートを振り返ることで、ご自身の上達を確認することも可能となります。

お問い合わせはこちらから

EnglishCentralの新サービス「個別カウンセリング」は、既存の学習プランをご利用の方であればいつでもどなたでも開始することができます。
新サービスを含めた最新の資料をご希望の方は、下記フォームよりお問い合わせください。

資料請求をする

Happy Learning
EnglishCentralサポートチーム

851 451 Shinichi Yamagata

EnglishCentralのスピーキングがパワーアップしました

EnglishCentralのAIによるスピーチ判定を英語を上達の近道として、活用されてきたと思いますが、以前学んだ動画の中のセリフをもう一度復習したいと思ったことはありませんか?
これまでは自分の学習履歴をたどり、目的の動画を見つけ出して「話す」モードを選択する必要がありました。
今後は動画の中でスピーチ判定を行ったセリフの中から、何度も復習をしておきたいセリフを選択して登録をしておくことができるようになりました。

では、具体的に方法を見ていきましょう。
「話す」モードが完了すると、下記の画面が表示されます。
復習したいセリフの右側にある+ボタンを押して登録完了です。

復習をする際には、「スピーキング」タブを選択します。
次に「文章」を選択します。
以下のようにセリフが登録をされているので、クイズを開始すると重要単語が空所となった文章が表示されるのでマイクをオンにして「スピーキング」で回答しましょう。


GoLive!を受講している方は、レッスンレポートで講師からフィードバックを受けた文章についてもここに登録されているので、同様に何度も復習をすることができます。
苦手な発音を含んだセリフ、何度も口に出して練習することで覚えてしまいたいセリフなどを、ここで思う存分練習しましょう。

Happy Learning
EnglishCentralサポートチーム

640 427 Shinichi Yamagata

東京都大田区の公立中学校28校でEnglishCentralの利用が始まりました

2020年度は新型コロナウイルスが流行する中で、日本の多くの学校でICT機器や教材を活用した新しい授業のあり方が模索された1年となりました。

これまで経験のしたことのない全国一斉休校から、緊急事態宣言の発令へと事態が進む中で始まった2020年度。これまで学校の教室で当たり前のように行われていた教科書や英文テキストの音読、単語テスト、音声ファイルや動画などを流してのリスニングといったアクティビティが思うように行うことができなくなってしまいました。
自宅学習や分散登校などが実施される中でも、教科のカリキュラムをこなしながら指導をしていく先生方が色々と工夫を行う中で、やはり注目を集めたのはICT機器をや教材を活用した学習指導でした。

経済産業省が実施したEdTech補助金や文部科学省が推進していたGIGAスクール構想といった行政による支援がこれらの動きを後押ししました。

大規模自治体では初の採用事例

2021年度も引き続き、各地で続く緊急事態やまん延防止等重点措置が続く中で、東京都大田区(人口約71万人)の区内全公立中学校28校で、EnglishCentralの本格的利用が始まりました。これにより、約2万人の中学生がEnglishCentralの15,000本以上の動画で、リスニング、ボキャブラリー学習、スピーキング練習ができるようになります。大規模自治体(ここでは、人口50万人以上の指定都市と東京都23区のような特別区を指します)では初の導入事例となりました。

これまで大規模自治体での導入が難しかった理由はいくつかあります。

例えば、対象となる生徒の人数も多い大規模自治体では、1人1台のPCやタブレットといった環境整備が難しかったことも一因ですが、これは前述のように徐々に解消されつつあります。
一方で英語のスピーキングについては、これまでなかなか受験と直結しなかったため、リーディングやライティングを中心とした教材と比べて、早期の導入が進まなかった側面もあります。これに加えて、スピーキング教材というだけで、受動的な学習が中心のドリル教材やリスニング教材などと比べて利用料金が高価であるというイメージが強く予算制約から敬遠されがちという課題もありました。

グローバルな英語学習プラットフォームだからこそできること

これらの課題に対して、EnglishCentralはグローバルで700万人以上のユーザーが利用する英語学習プラットフォームだからこその規模の経済を活かして、公教育でも十分に採用可能な単価でのご提供を実現しました。
学習プラットフォームの開発・維持管理・さらなるコンテンツや学習機能の拡充には、当然ながら一定の投資コストが必要となります。
これら必要なコストを、EnglishCentralであればグローバルのユーザー全体で支えているため、最新のテクノロジーを活用した英語学習システムを低価格で提供することが可能となるのです。

グローバルな学習プラットフォームの優位性は、その他にも挙げることができます。

例えば、EnglishCentralでは世界中の非ネイティブスピーカーによる豊富な学習データを蓄積をして、新たな学習システムの開発や既存システムの改良を行っています。特に音声認識エンジンやAIによる学習管理といった分野では、技術の進化も日進月歩であり、たゆまぬデータの蓄積とそれに基づいた機械学習により改良を行っていくことはきわめて重要です。

この他にも、EnglishCentralではグローバルネットワークを活かして、毎週20~30本の最新動画教材をアップしています。これにより、世界でいま話題になっているテーマやボキャブラリーをふんだんに教材に盛り込むことが可能です。グローバルな言語である英語を学ぶ上で、単に言語だけではなく背景にある文化やさまざまな人の考え方を動画で生き生きと学べるのも、EnglishCentralならではのメリットです。

EnglishCentral導入で何が変わる?

まず何よりも、スピーキングへの取り組みの頻度が大きく変わります。これまでの英語スピーキングではALTの先生との会話が第一選択でした。しかしながら、ALT人材確保の限界や予算の制約から、1学期中に活用できる機会は限られてしまっていました。しかしEnglishCentralを導入すれば、1人1台のICT機器でも、コール教室でも、自宅に帰ってからのスマートフォンでも、いつでもどこでも英語スピーキングへの取り組みが可能となります。

また、仮にALTを確保できたとしても、生徒一人ひとり異なる苦手な発音や単語やフレーズを、1人の先生が個別に指導するのは大変困難でした。しかし、EnglishCentralの音声認識によるスピーキングの自動判定を使えば、生徒は自分自身の課題に個別に取り組むことができるようになり、なおかつその進捗状況を先生は管理画面を通じて常に見守り、アドバイスを送ることができるのです。

この他にも、生徒は世界中から集めた15,000本以上の動画に無制限でアクセスをすることができるようになります。これによって、英語を通じて世界各地で英語を話す人々の顔を実際に見ながら、多様な文化やそこに生きる人々の考え方を、生きた英語を通じて学ぶ機会を得ることになります。英語を少しでも話せるようになることで、その先に実際にどんな世界が広がっているのかをリアルに体験できるようになるのです。

今回のご紹介はここまでにとどめておきますが、またの機会にすでに本格的な利用を始めている学校や自治体でどのような成果が上がっているのか、ご紹介をできればと思います。

※プレスリリースをご覧になりたい方はこちらからご参照いただけます。

お問い合わせはこちら

EnglishCentralの導入に関心のある方は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。
sales-ja@englishcentral.com

Happy Learning
EnglishCentralサポートチーム

610 407 Shinichi Yamagata

中村学園三陽中高がオンライン取材を受け、ニュースで取り上げられました

みなさん、こんにちは。
EnglishCentalサポートチームです。
いよいよ新年度が始まりましたね。
今年度からEnglishCentralを初めて導入したという学校もあるでしょうか。

さて、今回のテーマは「オンライン取材」です。
初めて聞いたよという方もいらっしゃると思います。
簡単に言うと、新聞・雑誌・テレビ・ネットなどのメディアに学校の取り組みを、オンラインで取材をしてもらって、記事を掲載してもらうことです。

今回は2021年3月に全私学新聞という教育系メディアの取材をオンラインで実施した中村学園三陽中学校・高等学校についてご紹介をしたいと思います。

学校の取り組みを取材してもらうメリット

学校の取り組みを取材してもらうことのメリットは、どこにあるのでしょうか。
大きく分けて、以下の3つが考えられます。

何よりも、生徒募集これが一番ですね。
従来から英語教育やプログラミングなどは、学校の特色を打ち出す上で非常に有効なテーマでしたが、特にコロナ禍の中でオンラインでの学習補助はご家庭の最大の関心となっています。

こういった内容でメディアに取り上げられることで、実際に多くの人が記事や番組を見るという波及効果だけでなく、第三者が客観的に伝えることによって信頼性の高い情報発信となることが期待されます。
特にオンラインメディアなどの場合は、学校HPからリンクを貼ったり、SNSで拡散をしたりもできますし、長く記事が残るので受験生が学校名で検索したときの補足情報となることも期待できますね。

謎のやる気スイッチはちょっと言い過ぎかもしれませんが、取材が入ると何となく教室のテンションは上がります。
また、次のご家庭への影響については、最近様々なオンラインツールで学校での様子をご父兄に伝える試みが増えてはいますが、やはりメディアを通じて客観的に報道されることは、学校とご家庭の良好なコミュニケーションを促進するうえでプラスとなることが期待できます。また、この「客観的」という点が非常に重要で、最後のポイントに記載したように、自校の取り組みが第3者の視点で評価されることも大きなメリットであると思います。

オンライン取材のメリット

従来、学校への取材と言えば、実際に教室で学習しているところを見学してもらうのが定番でした。
もちろん、やっぱり直接来校してもらって、現場の空気を実際に体験してもらいたい。
その気持ちはもちろんよくわかりますが、むしろコロナ禍の時代だからこそ、オンラインメリットを活かすことも可能なのです。
代表的なメリットは以下のとおりです。

最大のメリットはオンラインにより、取材にかかる距離と時間の制約を超えることができる点です。
今回取材していただいた中村学園三陽中学校・高等学校も福岡県にあるため、在京メディアに取材をしてもらうとなるとハードルが高くなりますが、オンライン取材であればまったく問題がなくなります。
取材を行う記者は、直前まで打ち合わせや原稿執筆を行い、時間になったら会社のデスクにいながら取材活動を行うことができます。

オンライン教材ならではのメリットとしては、記者にもパソコンなどから教材にアクセスをしてもらい、生徒と同じ課題に同時に取り組んでもらったり、あるいは画面共有などの方法により実際に体験をしてもらいやすいという点が挙げられます。
もちろん教材だけではなく、プレゼン資料なども簡単に共有できるので有効に活用できると便利です。

最後にこれは広報の裏事情ですが、取材がすべてオンラインで完結しているため、フォローアップが非常に楽になりました。
今までは取材を行う記者の横につき、インタビュー内容を一生懸命メモしながら、取材対応者のフォローをするという、かなり忙しい工程を踏む必要がありましたが、この作業はとても楽になりました。

取材設定から終了までのステップ

準備過程はオンラインでも現地取材でも大きな違いはありません。
ただし、いくつかオンラインならではの、気をつけなければならないこともあるので見ていきましょう。

授業風景を取材して頂くときにもっとも重要なのは、教室で先生以外の誰かにお手伝いをしていただき、カメラ中継を上手くやって頂くことです。
オンラインでは記者さんが自由に歩けない分、事前の段取りやとっさのリクエスト対応は極めて重要ですし、カメラ担当者または広報担当者の解説も重要となります。
ちなみに、中村学園三陽ではなんと校長先生自らが、iPadを手にして実況中継をしてくださいました。

もう1点注意をしなければならないのは、記事を構成する上で必要な写真や動画などを提供しなければならないことです。
ただ多くの学校で、生徒募集用のパンフレットやHP作成上、色々な素材を確保していると思いますので、それらを有効に活用すると良いと思います。

オンライン取材の様子

中村学園三陽中学校高校は、福岡県福岡市にある私立中高一貫の男子校です。
全校生徒は約470名で、近年IC教材の採用を積極的に行っており、特に英語の4技能教育についても力を入れています。

EnglishCentralは2020年度から利用を開始しており、中学校では毎日5~6名ずつ”チャレンジ・イングリッシュ” という英語4技能強化の時間を活用して、高校では月に1回授業時間を利用して、1回25分のオンライン英会話レッスンを1人1台のiPadで受講しています。

この他にも、中学では教科書として利用している三省堂New Crownの学習コースを中心に、高校では1万5000本以上の動画から選んで、EnglishCentralの動画学習システムで4技能の強化を行っています。

今回の取材では高校1年生のオンライン英会話GoLive!の授業にカメラがお邪魔して、レッスン受講風景を取材して頂きました。
まずは授業前に、2名の生徒さんに協力していただき、オンラインインタビューです。
二人(N君、M君)ともに、はきはきと質問に応えて頂き、街で道に迷っている外国人を案内したエピソードなどをたくさん話してくれました。

この間、教室では残りの生徒が待機しており、時間が来たところでオンライン英会話GoLive!の開始です。
開始と同時に教室中から「Hello!」と始まり、あっという間に全員iPadに集中。
みんな真剣に話している姿や生徒iPadの手元画面を、校長先生が映して中継をしてくれます。
今回のレッスンは今年度の最終回ということで、フリートークでのレッスンでしたが、全員で事前に同じ動画を学習した上で受講するレッスンも行っています。

最後に校長室へと移動して、EnglishCentralの導入した背景や中村学園三陽での英語学習の取り組みについて30分ほど、記者さんのご質問に応える形でお話をいただきました。
こちらの詳しい内容につきましては、中村学園三陽中学校・高等学校の事例紹介という形で、またの機会にご紹介できればと思います。

最後に今回のオンライン取材について、梶原校長先生のコメントをいただきましたのでご紹介します。

<梶原校長先生のコメント>
今回のオンライン取材を通じてEnglishCentralを活用した本校の取り組みが、これまでの英語教育とは一線を画す、とても魅力的なアクティビティーになっていることをしっかり認識することができました。インタビューを通じて、記者の視点で屈託のない本校の英語教育の評価をしていただけたことは、我々にとって新たな発見と今後の自信につながりました。

お問い合わせはこちら

オンライン取材にご関心のある方は、下記までお問い合わせください。
中村学園三陽中学校・高等学校の活用事例もご紹介可能です。
sales-ja@englishcentral.com

595 268 Shinichi Yamagata

単語学習の選択モードと 英語力診断レポートが新しくなりました

皆さん、こんにちは。EnglishCentralサポートチームです。
今回はEnglishCentralの2つの学習機能、動画内での単語学習と英語力診断がリニューアルされましたので、その内容をご案内いたします。

文脈の中で単語を学ぼう

EnglishCentralでは、従来から動画の中の生きた英語の文脈を使い、インプットとアウトプットを効果的に繰り返し行うことで、実践的な英語学習ができるように工夫を行ってきました。
今回、動画内の「学ぶ」モードで行う単語学習についても、その単語が使われている文脈を意識しながら学ぶことができるように改善を行いました。

実際の画面を確認しながら、見てみましょう。
これまでは、学習できる単語がレベル別に並べられたリストの中から選択を行っていましたが、今回からはセリフの中から学習する単語を選択します。

単語を選択すると、このセリフの文脈の中で使われている意味が表示されます。単語を見て知っていると思ったものでも、実際に会話の中で活用できるとは限りません。ちょっとでもあやふやな単語は、積極的に学ぶようにしましょう。

「学ぶ」の学習が終わり「進む」ボタンを押すと、セリフ選択画面を経ることなくスムーズに「話す」モードに進めるようになりました。
「学ぶ」でタイピングを行った単語を含んだセリフは、「話す」モードでも自動的に選択されています。
違うセリフのスピーキング練習をしたいという方は、左側の「進む」ではなく右側に並んだメニューボタンの「話す」をクリックしていただくと選択画面が表示されます。

「学ぶ」モードの変更は、まずウェブサイト版から変更が行われました。アプリについては、随時対応をしてまいります。

CanDo (伝えることができること)に重点を置いた英語力診断へ

EnglishCentralの動画は、全部で7段階に分類されています。
自分のレベルに合った動画で学習をして力をつけ、次のレベルを目指していくのが英語上達への一番の近道です。
そこでEnglishCentralでは、以前から英語力診断という1回20分講師とオンラインで現時点での英語コミュニケーション能力を診断するサービスを行ってきました。

では、EnglishCentral内の動画のレベル分けは、どのような基準で行われているのでしょうか。
下の画面は、皆さんもおなじみのレベル設定の画面で

この中に「このレベルでは、次のことを学習します」と記載されており、英語でどのようなことができるようになる(CanDo)必要があるかが書かれています。
こちらは、第二言語(外国語)の習得のレベルを図る基準として世界的に利用されているCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠:通称セファール)で設定されている、CanDoリストというものに基づいて設定されています。

今回の英語力診断の改定により、このCEFRの基準に沿ったレベル分けをこれまで以上に明確に表示できるようになりました。
講師が出す質問は、もちろんCEFRのCanDoに沿って、なおかつ幅広いトピックやスキルをカバーしています。
レベルに応じて講師からの質問の内容も変わりますので、臆せず積極的に受け答えをしていきましょう。

今回の変更と同じ基準は、2万ポイント獲得後に受講可能な上達度チェックにも適用されています。
診断テストの受講時だけでなく、普段の学習時からこのCanDoを意識して英語力の向上に努めてみましょう。

Happy Learning
EnglishCentralサポートチーム

780 474 Shinichi Yamagata

EnglishCentral 経済産業省の「EdTech導入補助金」 2021年度も実証自治体・教育機関の募集を開始

オンライン英語学習サイト『EnglishCentral』を提供する株式会社EnglishCentral(本社:東京都台東区、代表取締役: 松村 弘典、以下、イングリッシュセントラル)は、2020年度に続いて本年度も、経済産業省が実施する「EdTech導入補助金」を活用した実証実験に参加を希望する自治体・学校等教育機関の募集を開始いたします。EdTech事業者であるイングリッシュセントラルを通じて「EdTech導入補助金」の交付対象に選定をされることで、対象期間中EnglishCentralの学校向けプランを無償でご利用いただけます。

経済産業省の「EdTech導入補助金」は、EdTech事業者による学校等教育機関における導入実証を支援する補助金として、2020年度に開始されました。初年度から参加をしたイングリッシュセントラルは、単独申請として参加した参加校のうち60%が2021年度に有償での継続採用を行ないました。こうした高い採用率の背景には、実証実験において週1時間以上EnglishCentralを利用した学習者の94%が英語力の向上を実感するという高い学習効果を得ることができたことが挙げられます。また学習者の半数以上である56%が進んで主体的な学習を行うことができたと回答しており、授業内での利用だけでなく主体的な自宅学習をも引き出すことができることができたことも大きな要因として考えられます。

昨年の高い実証効果の実績に基づき、今回もCEFRのプレA1からC2まで学習者のレベル別に取り組み可能なリスニング演習、脳科学に従って設計された単語学習や単語テストの自動生成、世界最大規模の日本人英語学習者発音音声から自社開発されたAI音声認識による回数無制限の発音へのフィードバックの3つの機能が利用できる「アカデミックプレミアム」プランと、動画学習に加えて学習ポイントが貯まるとオンライン英会話レッスンGoLive!も受講できる「プレミアム」プランをご提供いたします。どちらのプランでも、児童生徒の学習の取り組みを確認したり題材を勧めたりすることのできる教員向けツールとそれぞれの学校に合わせた利用方法の提案サービスがご利用頂けます。

ご興味お持ち頂けたお客様は、こちらのリンクか記事末尾のお申込み先からお申し込み下さい。記事末尾のお問合せ先で、2020年度の導入実績で得た知見に基づき、ご利用の地域や学校に応じた個別のご相談も受け付けます。

2020年度は、コロナ渦においてGIGAスクール構想に基づくICT環境整備が大きく前進しました。こうした環境の変化に対応して、イングリッシュセントラルは引き続き自治体・学校関係者とともにEdTech導入補助金を活用して子どもたちの新たな学びの形を提供してまいります。

◆ 「EdTech導入補助金」お申込みの概要

お申込み対象
自治体・学校等教育機関(小学校、中学校、高校、教育支援センター、一定の基準を満たすフリースクールほか)
お申込み期間
2021年6月11日まで
※お申込み状況によっては早めに締切となる可能性がございます
提供プラン
【EnglishCentralアカデミックプラン】
・世界中から集めた1万5000本以上の旬の動画すべてで生きた英語を学ぶことができます
・動画内の学習機能でリスニング、ボキャブラリー学習、スピーキング練習を行うことができます
・学習内容を教師ツールで管理することができます
【EnglishCentralプレミアムプラン】
・上記内容に加え、学習で600ポイントを貯めるごとに1回25分のオンライン英会話レッスンGoLive!を月最大30回受講できます
EnglishCentralの利用方法説明ページ
お申込み先
お問い合わせ
sales-ja@englishcentral.com / 050-3802-3236
(EdTech導入補助金について、とお伝え下さい)

◆「EdTech導入補助金」お申込みの流れ

1024 465 Shinichi Yamagata

EnglishCentralの利用方法 教師編 2021

EnglishCentralへようこそ。
こちらの記事では、学校の先生方がEnglishCentralを使う際の利用方法をご紹介します。
EnglishCentralの教師アカウントでは、教師ツールを利用することで、クラスの作成、生徒の登録、課題の設定、学習記録の管理等を簡単に行っていただくことができます。

以下のマニュアルまたは動画に従って、実際に作成や登録を行ってみましょう。

教師ツールのマニュアルは、こちらよりダウンロードしていただけます。
日本語版:http://ecj.me/jteacher2021

英語版:http://ecj.me/eteacher2021

動画でご覧になりたい方は、以下のリンクからアクセスしていただけます。

◆FAQについては、こちらをご参照ください。
https://ja.englishcentral.com/help?sectionId=360000522511

880 490 EC Japan

EnglishCentralのスマホアプリの 利便性が大幅にアップします。



みなさんこんにちは。EnglishCentralサポートチームです。
EnglishCentralのアプリのデザインが、iOS先行で一新され、皆さんの英語学習に新たな機能が追加されました。Android版も近日中に更新予定です。

今回のアップデートに伴い、2020年11月23日(月)までの期間限定で、プランのアップグレードを行う方を対象とした割引キャンペーンを実施します。
なんと9月よりリリースされたネイティブ講師と毎日レッスン受講可能な「ネイティブ1/Day」プランも割引価格でご利用するチャンスです。
是非、新しくなったアプリで今年最後のダッシュをかけてみませんか?



では何が大きく変わったのかを確認してみましょう!

1. 個人の学習目標の設定と学習進捗の確認がアプリでも簡単に行えるようになりました。
2. 学習コースの選択や追加が簡単に行えるようになりました。
3. 動画の内容をきちんと理解できたかをチェックする「理解力クイズ」がご利用できるようになりました。
4. ボキャブラリー学習の多様な機能をまとめてご利用いただけるようになりました。
5. レッスン予約に際して、受講日時からの予約と希望する講師からの予約やSkype受講とZoom受講の切り替えが簡単に行えるようになりました。

※3と5の機能につきましては、Andoroidアプリ先行で切り替えとなっており、iOSアプリについても近日中に変更が反映される予定です。

Point 1. 個人学習目標の設定と学習進捗の確認

これまでPCのみで可能であった個人学習目標の設定と学習進捗の確認が、アプリでも簡単に行うことができるようになりました。
レベルアップに必要な学習量やおすすめの動画など、さまざな有用な情報が提供されます。





Point 2. 学習コースの選択と追加

これまで学習コースのご利用については、すでにクラスで設定されたコースやPCで学習を開始しているコース以外についてのアクセスには検索機能を利用する必要がありました。
今回のアプリの更新により、「コース」というタブやメニューが登場して、その中の「マイコース」がらは学習中のコースへのアクセスが、「全てのコース」やカテゴリー別のコースメニューからは新しくチャンレジしたいコースを簡単に探すことができるようになりました。





Point 3. 動画の内容を理解できたかを確認する「理解力クイズ」

動画視聴完了後に、その動画の内容をきちんと理解できたかを確認する「理解力クイズ」を受けることができるようになりました。
※iOSでは次回以降のアップデートからご利用いただけます。




Point 4. ボキャブラリー学習機能の集約

これまでのアプリでは、「マイ単語」と「Vocaburary Builder」のメニューが別々になっており、「マイ単語」のリストでは4択クイズ以外の学習方法が選択できませんでした。
今回のアプリの更新により、すべての機能が「単語」というメニューに集約されたため、動画で学んだ単語もレベル別や目的別に学習できる単語リストも、すべて同じメニューからアクセスできるようになりました。





Point 5. 日時からも講師からも自由に選べるレッスン予約

これまでのレッスン予約は、希望する講師を選択して、その講師が空いている日時でレッスンを予約する形でしたが、ご利用になりたい日時から空いている講師を表示してスムーズにレッスンを予約できるようになりました。またレッスンを行うツールも、SkypeとZoomを自由に選択できるようになりました。
※iOSでは次回以降のアップデートからご利用いただけます。

Happy Learning!
EnglishCentral一同

880 490 Shinichi Yamagata

便利な機能満載の新しくなったEnglishCentralアプリを使いこなして 英語力をアップさせましょう

みなさんこんにちは。EnglishCentralサポートチームです。
EnglishCentralのアプリのデザインが、iOS先行で一新され、皆さんの英語学習に新たな機能が追加されました。Android版も近日中に更新予定です。

まずは何が大きく変わったのかを確認してみましょう!

1. 学習コースの選択や追加が簡単に行えるようになりました。

2. ボキャブラリー学習の多様な機能をまとめてご利用いただけるようになりました。

3. レッスン予約に際して、受講日時からの予約と希望する講師からの予約やSkype受講とZoom受講の切り替えが簡単に行えるようになりました。

※3の機能につきましては、Andoroidアプリ先行で切り替えとなっており、iOSアプリについても近日中に変更が反映される予定です。

では、実際にどのようにアプリ画面が変わったのかを見ていきましょう!

Point 1. 学習コースの選択と追加

これまで学習コースのご利用については、すでにクラスで設定されたコースやPCで学習を開始しているコース以外についてのアクセスには検索機能を利用する必要がありました。
今回のアプリの更新により、「コース」というタブやメニューが登場して、その中の「マイコース」がらは学習中のコースへのアクセスが、「全てのコース」やカテゴリー別のコースメニューからは新しくチャンレジしたいコースを簡単に探すことができるようになりました。


Point 2. ボキャブラリー学習機能の集約

これまでのアプリでは、「マイ単語」と「Vocaburary Builder」のメニューが別々になっており、「マイ単語」のリストでは4択クイズ以外の学習方法が選択できませんでした。
今回のアプリの更新により、すべての機能が「単語」というメニューに集約されたため、動画で学んだ単語もレベル別や目的別に学習できる単語リストも、すべて同じメニューからアクセスできるようになりました。


Point 3. 日時からも講師からも自由に選べるレッスン予約

これまでのレッスン予約は、希望する講師を選択して、その講師が空いている日時でレッスンを予約する形でしたが、ご利用になりたい日時から空いている講師を表示してスムーズにレッスンを予約できるようになりました。またレッスンを行うツールも、SkypeとZoomを自由に選択できるようになりました。
※iOSの今回のアップデートではご利用はいただけません。

Happy Learning!
EnglishCentral一同

今回の変更点の詳しい内容はこちらをご参照ください。
Android版:
http://ecj.me/KMw52W
iOS版:
http://ecj.me/9VN2a2

624 588 EC blogger

InTelliSpeechはどのように機能するのか

EnglishCentralでもっともユニークなのは、自社開発されたIntelliSpeech℠による発話評価システムです。IntelliSpeech℠による評価システムのおかげで、生徒が自宅学習を行う際のモチベーションを高く保つことができるという感謝の声を多くの教師からいただいています。一方で生徒からも、即時に行われるフィードバックとゲーム感覚でスコアアップにチャレンジできる仕組みに対する評価をいただいています。

EnglishCentralの IntelliSpeech℠は、世界100カ国を超える国々の学習者による6億以上のスピーキングデータを最新の機械学習システムで解析を行うことにより進化させています。以下の3つの側面から学習者のスピーキング力を評価しています。

発音:学習者のスピーキングを、6万4000を超えるトライフォン(音素の前後の組み合わせ)、強弱、韻律で判定します。

流ちょうさ:スピーキングの時間や音の空白期間の長さを測定して判定します。

完了率:すべての単語を欠落なく発話できたかどうかを判定します。

エラータイプ

Intellispeech℠によるフィードバックでは、以下のようなエラーが指摘されます。

表示方法
エラータイプ


間違えた単語を黄色で表示
発音が異なる場合
(r)ucky

間違えた単語を赤色で表示
発音されなかった単語がある場合 do you feel
‘’P’’マーク
流ちょうさ:不適切な中断やスピード
do (you) feel

スピーキングスコア(セリフ

学習者スピーキングを行ったセリフごとに0~100点のスコアを獲得することができます。
上記のスピーキング内で犯したエラーによってポイントを失いますが、セリフ内の単語数に応じて付けられた重みで最終的な失点が決まります。セリフが短ければ短いほど、1つのエラーで失うポイントは大きくなります。

繰り返しセリフを練習した場合、最後に話したときのスコアが動画全体のスコアに反映されます。

スピーキングスコア(動画)

動画でのスピーキングスコアは、学習者が記録した各セリフのスコアを蓄積して(すなわち、加重平均をとって)算出されます。

Intellispeech℠は、他の学習者による動画のスピーキングスコアとの相対的な順位をパーセンテージで算出します。例えば、他の学習者と比較して上位75%であると判定された場合には、 “B+”のグレードを獲得することができます。

グレードを決定する順位付けのパーセンテージは以下のようになっています。

発音センター

発音センターは学習者の発音についてのフィードバックと進捗をトラッキングしており、学習者自身が自身の課題を正しく設定して練習をできるようにする機能です。
発音センターでは、4つのステップで行う学習サイクルに沿って学びます。

1. 好きな動画を選んでスピーキング
EnglishCentral内のどこでスピーキングを行っても(動画でもボキャブビルダーでも)、発音センターは発音に問題がるすべての単語の情報を収集しています。

2. 発音センターが苦手な単語を分析
学習者は発音センターが分析したが苦手な単語を、単語ベースでも音素レベルでも集中的に学習できるようになっています。

3. 発音コースや講師とのレッスンで演習
正しい発音を学ぶ手助けとして、学習者は発音用のコースやマンツーマンレッスンGoLive!を受講することができ、フィードバックを受けて流ちょうな発音を手に入れることができます。

4. 正しい発音をマスター
発音センターではすべての発音学習をトラッキングしており、3回正しい発音を行うことができた単語を自動的に学習対象から削除していきます。

発音コース

IntelliSpeech℠ は学習者が話す英語の情報をたくさん集めることで、各地域の母国語を話す人たちに共通する苦手な発音を明らかにしています。データ分析を通じて、Top 10チャンレンジという同じ母国語を話す人が苦手な発音にフォーカスして生きた英語を学べる学習コースを用意しています。日本語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語、フランス語、ベトナム語、アラブ語のコースを利用できます。

EnglishCentralのスピーキングデータ
過去10年間、EnglishCentalの学習者によって多くのスピーキングデータ(世界100カ国以上からの6億データ)を集めることができました。

EnglishCentralでスピーキング判定を行う際の参照モデルは、(人工的に読まれたスピーキングを含む多くのコーパスとは異なり)ネイティブスピーカーが動画の中で話している生きた英語のデータです。

このデータをベースを用いて、年間50万回以上のマンツーマンレッスンで学習者の発音を分析している600人以上の講師からのフィードバックを加えて「機械学習のループ」を行えるようにしています。その結果、機械=我々の学習プラットフォームは講師が提供するフィードバックから学ぶことができると同時に、講師も機械から提供される学習者の「強みと弱み」を学ぶことができるようになっているのです。