Posts Tagged :

ja

260 146 EC Japan

EnglishCentralの活用方法 【ブラウザ版】

EnglishCentral にはたくさん機能がありますが、通常の 「見る」「学ぶ」「話す」「クイズ」以外にどんな事ができるのか、どのように学習するのがおすすめか、まとめてみました。

#1  動画のすべてのセリフを練習! 

普段の設定では、「主要なセリフを音読」がオンになっています。この設定では、学習者は動画の中から選ばれた主要単語が含まれる5行程度を対象に音読練習をしているはずです。この接テオをオフにすると、動画の中のすべてのセリフを音読練習できるようになります。

focused speak setting

#2.   知らない単語をクリック! 

知らない単語や表現をクリックすると、意味が出るのと同時に単語リストに追加されるので、動画の主要単語に加えて自分だけの苦手単語を学習してゆくことが出来るようになるのです。さらにこれらの単語はマイ単語ページに登録され、いつでも振り返り学習できます。

click on words

#3   エンターキーを活用しよう!

「学ぶ」モードで学習している時には、エンターキーを押すことで自分の答えが正しいのかどうかの確認と次の問題への移動を行えます。

select enter

#4  そのほかのキーワードショートカットも活用しよう!

?アイコンをクリックすると、効率よく操作するためのキーボードショートカットの説明が表示されます。

shortcuts

#5  マイ発音ページを確認しよう!

100行程度録音すると、マイ発音ページの発音診断が作成されます。このページでは、学習者の苦手な発音が赤や黄色で表示されます。 発音記号をクリックすると、その発音を改善するためにおすすめの発音練習コースが表示されます。

pron2

1024 660 EC Japan

グローバル人材の育成を目指す 「ビジネスプレミアム」プランが登場

社員の英語研修でお悩みの企業や組織の人事・研修担当者の皆様に耳寄りな情報です。
EnglishCentralに新たな学習カリキュラム「ビジネスプレミアムプラン」が登場しました。

これまでいくつも英語研修を導入してみたけれど、社員の英語コミュニケーション能力が伸びない。
社員によって英語力や課題もばらばらで、どのようなプログラムを導入して良いかわからない。

以下のようなお悩みはないでしょうか?

1. 学生時代に積み上げた英語を忘れてしまっており、英会話以前に基礎的な学習が必要な社員がいる

2. TOEIC等の点数が高い社員でも、実際の会議の場などになると、なかなか英語を話そうとしない。


3. 英語は話せるのだが、プレゼンテーションやスピーチになると日本語でやる場合と比べて、普段の説得力が発揮されない

このようなお悩みを持った方には、「ビジネスプレミアムプラン」がお勧めです。
ちなみに、これまでEnglishCentralをご利用になった方々の声を集めてみました。

EnglishCentralが「ビジネスプレミアム」をお勧めする理由は以下の3点です。

1.「ビジネスプレミアムプラン」ならば、学習者のレベルに応じて学習が可能
「ビジネスプレミアムプラン」の各レベルの対象者は、以下の通りです。

★初級:中学や高校で学習した基本的な表現を確認することからスタートしたい人。

★中級:これまで培った英語力をベースにビジネスの現場での実践的な会話力を養いたい人

★上級:単に意味が伝わるだけの英語を超えて、現場でリーダーシップを発揮できるような英語力を身につけたい人

※下記の表のように、TOEICスコアなどからレベル別にプラン選択が可能です。

各プランは前半・後半の2つのコースに分かれており、6ヶ月で学習をしていただく内容となっています。

日々の学習内容が明確で、カリキュラムに沿って学習をしていくことで、着実に英語力を身に付けることができる仕組みとなっています。

社内の多様なニーズに応え、なおかつビジネスに必要なスピーキング力を着実に向上させるプログラムとして、自信をもってお勧めします。

2.「ビジネスプレミアムプラン」ならば、実践的かつ効果的な学習が可能

毎日着実に動画を学習していくことで、ビジネスの現場で必要となるボキャブラリー、リスニング力、スピーキング力を養うことができます。

さらにオンライン英会話レッスンGoLive!を効果的に組み合わせていただくことで、より実践的な演習を積んでいただくことができます。

3.「ビジネスプレミアムプラン」ならば、本当に使える英語を学ぶことが可能

世界中から集めた1万4000本を超える動画教材を提供しているEnglishCentralの特性を活かして、動画教材にはできる限り実際に英語圏で生活をしている人が見ている動画を組み込んでいます。

これによって、教材用に作成された動画だけでは経験できない、自然な英語のリズムや発音を無理なく身につけることができます。

いよいよ4月からは新年度がスタートします。
一方で2020年のオリンピックイヤーに向けて、企業のグローバル化はまったなしです。

社員の皆さんの英語力アップに関心のある方は、是非お問い合わせください。